恋しくて!~ARASHI DISCOVERY~2016年10月2日 人の意見は受け入れて取り入れる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

2016年10月2日は日曜日のため

2014年10月2日のARASHI DISCOVERYです。

 

おはようございます。
嵐の大野智です。

今日の一言…カモン!

「議論に勝つ最善の方法はこの世に

ただ一つしか無いという結論に達した。

その方法は議論を避ける事だった」

 

んふふふふ(笑)

なるほどー。

これは、アメリカの実業家

デール・カーネギーさんの言葉です。
「正面から難題に向かって行くのではなく、

難題をかわしながら目標にたどり着こう」

と言う事ですか、これはっ。

えぇ。

 

ま、一瞬逃げにも感じますけど、ふっ。

んふ(笑)

リスナーのせっちゃんから教えて頂きました。
メールを読みますと。
『大ちゃん、おはよう!せっちゃんだよ。

この言葉を知った時、色んな事をのらりくらりと

かわす大ちゃんが思い浮かびました。』

 

なるほど。

分かんないよぉ。

おいら、相当な議論してるかも知んないじゃん。

してないけど。
んふふふっ(笑)

あーでもない。こーでもない。

いや、そうじゃない。

いや、それは果たしてどうかな?

いや、こうだろ。いや、待てよっ。

って事でしょう?

あんまりないなぁ~、僕は。

結構ねぇ、例えば、

ま、自分から言った事だと。
やったり、やった事だったりしても

結構受け入れる。

人の意見を聞くかなぁ?

うーん。

 

結構、やっぱ、一人で決めているとさぁ、
もう、周り見えなくて、

真っ直ぐになっちゃうんだよね。

そうするとさぁ、なんか、

そこ、で、一個問題があると、

もぉ、なんかも出られなくなっちゃてて。

そんで、人の意見を、ぱぁっと聞くと、
「あっ、あ、そう言う方法もあったな。」

みたい、のが多い。

ま、絵でもなんか、ま、絵でも

振り付けでもそうだねぇ。

うーん。

だから、よくねぇ

振り付けん時とか、振り付けしてて。

で、松潤が
「ここ、こうやった方が、よくない?」とか。

っとするとね、結構ねぇ

「あっ、確かに。」と思って、

うん。

「あっ、そうしよう!そうしよう。」みたいな。
結構多いい。

うーん。

あ、翔くんも言ってくれる、たまに。
「ここ、俺もこうやったら、なんか、全体的に

この振りあうよね。」とか。

「あ、いいね、それいいね。」とかねぇ

ふふ、も、結構、結構意見入れちゃう。

取り入れちゃうねぇ。

 

でも、そんだけやっぱ、考えてやって、ねぇ。

振り付けぇ、覚えて、受けてくれるっていう、
やっぱ、嬉しく感じるよね、ほんと。

そう。
でも、ここは譲れないっ!って言うところは、
絶対に、譲れないっす。決めポーズとか。

あん。

だから、えっ?ホントこれぇ?

とか、言われる事もある。

うん、それ。やって( ̄ー ̄)ニヤリ
そこはねっ。

いいとこだよね僕が、振り付ける点でいうと。

多分、他の振り付け師だったら

「あぁ、気になる?」

とかなってぇ。

「あぁ、じゃちょっと変えるねぇ、待って。」
みたいに、なるけどね。

僕は、変えないです!

とかいういじわるは、ありますけど。

んふふ(笑)

 

まぁでも、そう言う考えてぇおもしろいです。
最近その、ねえ。

振り付けする率が多くなった点では。

えぇ。

ま、次のツアーでもね、もしかしたら振り付け、

担当、何曲かあるかも分かんないんでねっ。

えぇ。当てて下さいっ(笑)

 

以上 大野智でしたっ。

 

Mステ恒例の最後のカメラ目線

しっかりアイドルスマイル(^_^)

 

大野くんが真剣に議論していたらそれはそれでステ

キ!だけど同時にビックリです(笑)

内に秘めてるものはあるけれど、大野くんの性格上

それを全面に出したりはしないかなと。

人の意見をきちんと聞いて受け入れれるって素直だ

し器が大きいなとつくづく思います。確かに1人で

考えてると周りがみえなくなることもあるから他人

からの客観的な意見ってありがたいですけどね。

毎回ツアーも時は大野くんの振り付け楽しみにして

います。特徴があるのでこれそうかも!思うと当た

ってることが多いです。

って今回は…生で見れないんだった(TдT)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ