恋しくて!~ARASHI DISCOVERY~2016年10月13日 焼き芋エピソード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年10月13日のARASHI DISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

 

今日の一言カモン!

「栗よりうまい13里」

 

うーん、いい、言葉ですねぇ。
んふふふ(笑)

この、13里とはぁ。
さつま芋の別名で、「じゅうさんり」は

数字の13里と書きます。

これは、江戸から13里離れた埼玉県川越市の

さつま芋が美味しかった事から生まれた言葉

だそうです。

えっ。
なぜ、さつま芋が13里と呼ばれるのか?

えー、13里の「里」は、距離表わす昔の単位

ですが、栗よりの「栗」の字と、栗よりの「より」

の字を、それぞれ数字に帰ると「9里」と「4里」

になるので、9と4を足したら13で、江戸から

川越まで13里離れた距離にあったと言う事で、

さつま芋=13里と言う事になったようです。
諸説あるみたいですけれども。

えぇ。

ま、ちょっとぉダジャレちっくな、感じですか?
ねぇ。
なんか昔、よくあったっぽいすね、こいうのね。
えぇ。

ま、今日の一言は、リスナーのカナちゃんから

教えて頂きました。

メールを読みますと。
『さつま芋が美味しい季節になりました。

私はさつま芋が甘くて大好きです。お菓子の

スイートポテトなんていくつ食べても、食べ

られちゃいそうです。』

 

スイートポテトってのがあるねっ。
ウマいねっ。
よく覚えてんのが、嵐の「とまどいながら」って

ゆうシングルCDあるんですけど

そのジャケットがあのー

焚き火みたいなぁのの後ろで嵐がなんか、

マント。黒いマントみたいの着て。

服を着て立ってぇる写真なんです、ジャケ写が。
そのジャケ写、終わったあとぉその焚き火を

利用して焼き芋を焼いた記憶があんですよね。
そんでそれ、食べた記憶あんの。

そうそう、あれ、冬。
冬に出してんだよ、確かね。
だっちょっと寒かったのを覚えてますね。

あれがだって、なんだかんだもう
12,3,4、年前ぐらいでしょ?
早くないかぁ?
んふふっ(笑)
そんな前、ですよ。

でもぉ、それ以降も、焼き、あ、ちゃう

さつま芋、食べたと思う。
焼き芋かぁ、その。
でもあのー僕。

「もう誘拐なんてしない」ってゆう

スペシャルドラマやった時

焼き芋の車乗ってるシーンありましたよ。
で、焼き芋をねぇ、あのー、焼く

焼くシーンってゆうかなんかその

焼き機に入れる時にね。
とか、あとぉ出来上がったのを袋に入れて

渡すシーンがあって、結構、1個でかかったよ。
あんなの食えないでしょ。
ペットボトル500のペットボトルぐらい

あったよ。もっとあったよ。

や、でもなんか、最近見ないと言うかね。
焼き芋屋さんね。
あれぇ、癒されるよね。
あとね、豆腐の、ピーって鳴らすやつ。
お豆腐屋さんが、自転車でさぁ、豆腐運ぶ

あの、なんだろうあの笛よりでかい。

ふわぁ~みたいな
あれ、吹きたかったの覚えてるわ、子供の時に。
うーん。

や、でも、あるはあるんだろうね。
多分都内では、少なくなったのかも知れないねぇ。
うーん。
でもあったらぁ今、都内でやったら、結構、

売れそうだけどね。
やろうかなぁ?

焼き芋だけじゃなくて、色んなもん売る

スイートポテトとか。

でっ、デザートにしちゃってるとかさぁ
やったら売れるんだろうね。
うーん。

まぁでもねぇ、僕ね、

あとねぇ、僕ね、じゃがいも掘りが好きだったね。
じゃがいもってあの、土の色とさぁ
ちょっと白っぽいから、ハッキリ分かんじゃん
あ、見っけたら。それが、楽しくて。
1個取ったらなんか、つながって出て

来たりしてね。楽しかったね。
それやりたいね、1回。
結構、幼稚園の時やってる。
あーの、写真であるね。
なんか、じゃがいも洗ってる写真があったよ。
うーん。

あん時の。智は、かわいかったなぁ~

以上、大野智でした!

モコモコ智(*´艸`*)

私に地元は焼き芋屋さん冬になると走ってて

ついつい買っちゃいます。今はね、スーパーで

焼き芋ありますよね?
焼きたての甘い匂いに誘われちゃうんですよね(笑)

いも掘りは幼稚園の定番のイベントですね。

毎年沢山掘ってきて何を作ろうかと考えていました。
大野くんのコーナで焼き芋を作ろうをやったらどうですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ