大野くんの心にしみる名言 町田慎吾くんとのエピソード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

大野くんの心にしみる名言、町田慎吾くんとのエピソード

 

10月16日でジャニーズ事務所入所23周年を迎え

た大野くん。大野くんには町田慎吾くんという同じ日

にオーディションを受け、同じ日に事務所に入所した

同期がいます。

京都で行われていた伝説の舞台「KYO TO KYO」をはじ

め、同じキャリアを歩んできた戦友、親友として周知さ

れています。

20周年を迎えた時も2人で20周年をお祝いしたそう

です。最近は2人は頻繁に会ったりはしていないようで

すが、それでも新しい仕事や挑戦が始まる前は、大野く

んは町田くんに連絡を取り意見を聞いてから決断を下す

ことも多いらしいです。

スポンサーリンク

 

「慎吾が嵐を外から見てくれているから、俺はバランス

が撮れる。嵐でいられる」

 

リーダーの立場でグループを引っ張る自分が

「今、正しい道を進んでいるか」

は嵐の中にいるからこそ”見えない”こともある。

そんな時、丸20年以上の付き合いで自分を

知り尽くしている町田くんからの意見は、

何よりもありがたい”金言”になっているそう。

 

大野くんが言うには「お前のここがいけない」と

怒ってくれるのは町田くんくらいしかいないそうです。

また挫けそうになった時は

「大ちゃんなら絶対にできる!」

と励まされ、それが力になってきたそうです。

 

それは町田くんから見た大野くんも同じです。

嵐がブレイクを果たした2006年頃から町田くんが

リーダーを勤めていたMAの低迷が始まりました。

なかなか先行きが見えず、苦しんでいた町田くんに

「慎吾のパフォーマンスは俺の目標。ずっと舞台で輝

いてくれないと許さない」と気合いを入れたのが大野

くんだったのです。

 

「心の友と書いて、”心友って言うじゃないですか?

友達をランク付けするというか呼び方で区別するの

好きじゃないんですけど、”心友”だけは使います。

”親友”は自分基準、一方的に使ってもいい。でも

”心友”はお互いに思い合わなきゃダメ。そこが魅力と

いうか、結び付きを感じますよね。まぁでも、言葉で

振り回されるうちは親友にも心友にもなれないと思い

ますけどね」

 

お互いに認めあい励まし合う唯一無二の心友。

自分のことをわかっていてくれるからこそ、他の人で

は言いづらいと思うことでも絶対的な信頼関係がある

からこそ、きちんとダメなところははっきり伝える。

見つけようと思っても見つけられない、欲しいと望んで

も得られないそれが真の”心友”ですね。

 

町田君との出会いのエピソードはこちらから

恋しくて!~ARASHIDISCOVERY~2016年11月12日 同期町田くんとの出会いエピソード

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ