恋しくて!~ARASHIDISCOVERY~2014年10月29日 おじいちゃんになっても描き続ける

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年10月29日は土曜日のため

2014年の10月29日のARASHIDISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

今日の一言カモン!

「天が私にあと10年の時をいや5年の

命を与えてくれるのなら本当の絵描きに

なってみせるものを」

おぉーっ。
凄い言葉だねぇ。

これは、江戸時代後期に赤富士や富岳三十六景

などの作品を残した浮世絵師・葛飾北斎さんの

言葉です。
90歳の晩年まで絵を描き続け、死を目の前に

した時述べた言葉だそうです。

 

はぁー。

リスナーのコスモスさんから教えて頂きました。

メールを読みますと。
「北斎が70歳までに描いたものは

「ろくなものではない」とも言っていた事には

驚きます。そんな北斎の赤富士を展覧会で見た

後に嵐にしやがれで大ちゃんが杉ちゃん部長

なった時の小道具に赤富士が掛け軸で使われて

いたのをみて赤富士と前髪を垂らした杉ちゃん

部長の顔とこの名言が3点セットになって脳裏

に焼き付いてしまいました。」

 

こんなのあったっけ?
ふふふ(笑)
もう、あれやるの必死だったから分かんないわ。
へぇ。
ホントにねぇ、すっごいよね。
この世を去るギリギリまで描くって言うかさぁ。
いや、その精神ったらやっぱりねぇ。
なかなか出来ないと思うよ。
うーん。

まぁでも正直ね、僕が江戸時代にいたら

ほんとずーっと描いてたかも知んないねぇ。
うーん。
ふっ

なぁにカッコイイこと言っちゃってんだよ
勝手にねぇ。
ごめんなさいね、ほんとに。

いやぁ、そう言いの考えんだね。
だから、昔の人ってぇさぁ

その伊藤若冲とかもそうでさぁ
ホントにさ、あのー働かず、ずーっと家で

絵描いてる訳じゃない。
うーん。
それが、強烈に楽しかったんだろうねぇ。
うーん。

あと、昔の人はほんと、写真なんかないじゃん。
なのにさ、例えばなんか動物でもさ

ま、人間でもそうだけどさぁ。
も、本気でリアルに描けるじゃん。
よくパリの油絵とかいっぱいあるけどさ
人物とか船とかさ。
ま、船は見て描けるけどさ、人物とか
う、動きのぉある絵とか描くじゃん。
凄いリアルに描くって事はもうなんだろうねぇ?
観察力が凄かったんだなぁと思うわけ。
写真なんか無い時代でよっくあそこまで

出来んなぁっと思うわけ。
うーん。

だからね、そういうとこばっか

いろんなね絵とか見に行くと

そういうとこばっかね考えちゃうんだよね。
うーん。

 

そうだね、でもやっぱりね僕はねぇ、
何歳ぐらいまで描けるか分かんないけど。

ま、でもこれはずーっとやってくもん

なんだなぁってのは、分かる。
うーん。

おじいちゃんなってもぉ
絵は続けていくんだろうなっていう。
だから、おじいちゃんなった時に

どんな絵描くのかね?
って気になる。

自分、今。
ま、そういう日をね。

えー、想像しながら、今いろんな絵

描いていきたいと思いまーす!

わたくしもほんとの絵描きに

なってみようかな!

ふがっ=3

以上 大野智でした!

 

 

絵は年齢関係なくずっと続けられそうですもんね。

絵を見てる時の大野くんはお目めがワクワクして

キラキラ輝いてます(〃∇〃)

いつかほんとの絵描きになる日がくるのかな。

かたや嵐で歌って踊って、かたや絵描きで世界を

放浪しちゃったりするのかしら?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ