恋しくて!~ARASHIDISCOVERY~2016年11月6日 ダンスを極めるのに苦悩してた10代

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年11月6日は日曜日のため

2014年11月6日のARASHIDISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

今日の一言カモン!

「私は、他の誰かより上手く踊ろうとはしない

ただ、自分自身より上手く踊ろうとしているだけだ」

 

似てると思うんだよね、言い方。

これは、世界的に有名なバレーダンサー、
ミハエル・バリシニコフさんの言葉です。

ねっ。
えー、ふふふっ(笑)

日本人じゃなかったですね。

旧ソ連出身のバリシニコフさんは

1974年にアメリカに亡命し

1977年に映画「愛と喝采の日々」で

アカデミー賞にノミネートされています。

はぁー、すっごいなぁ~

この言葉は、リスナーのモンモンさんから

教えて頂きました。

 

メールを読みますと。
「この言葉は、大野さんも同じ様な事をよく言って

いる様な気がして選んでみました。この言葉って、

ダンス以外にも通じますよね。大野さんのその言葉を

目にしたり、読んだりする度に、「そうだよなぁ~」

と思うのですが、つい、他人と自分を比べたり競う

気持ちになったりして「ダメだなぁ~」と落ち込ん

ます。大野さんは、いつからそんな風に思える様に

なったのですか?最初からですか?』

 

あぁ。

いや、人間比べるよね人と。

最初っ、は。若いうちは。

僕もあったもんねぇ10代は。

人と勝手に比べてたよね。

いいなぁ~とか。

あるよね、それは。

でも、いつからだろうねぇ。

なんかね、本もらってね「人と比べてはダメ」

みたいな、なんか言葉があって。

「昨日の自分と、比べなさい」みたいな。

昨日より、なんでもいいから一歩
成長する自分になってなさい、みたいな。

はあぁ、カッコいいなぁ~と思って。

そうしていけばいんだ、みたいなぁ言葉を
おいら目にした時に、そっから変わったかなぁ?

それがねぇ、多分ね18,19ぐらいなんだよね。
デビュー当時かなぁ。

まぁ、この話しダンスでゆったら

僕はね、なんかね。

あーあの人のダンス、カッコいいなぁー真似しよう。

で、真似して、近づこうとしてた、ずーっと。

でもやっぱり最初の方はね、出来ないじゃん。

そんな上手く真似。

でさ、でもさもうねぇ、ジュニアん時まだ踊りが

自分の中でね、好きだけど極まってない時ってさ。

で、なんかぁ踊るじゃん、歌番組なんかで。

で、なんか自分で「うわっ、完璧に踊れたなぁー」
みたいな。

で、ビデオ見返してたら全然自分のイメージと

違う事が山ほどあって。

も、腹立ってた時あったね。

それでもう、上手い人のなんかダンスビデオを
もう、テープ、ちぎれんじゃねぇか?

ぐらいでもう家帰って、ずーっと見て。

それを、も、自分に置き換えて

もう、想像の世界でやってた。

ほしたら、だんだん近づいてきて。

で、「うわっ、出来たぁ~」って時があったね。
うーん。

積み重ねてたか、かもね。

好きだったからね。

最初はね、出来ないけど。

徐々、いっ一気に、出来ないよね

そういうのってね。

徐々にだよ、徐々に。
うーん。

近道はするとダメですよ、なんでも。
えぇ。

いい話ししたね。久々に。

そうだねぇ。このいい話し。

 

この、いい流れの空気のままっ!
ライブ頑張りましょうか。

大野智、ちゃんとやれよ!

っははははは(笑)

以上 大野智でした!

 

 

多才な大野くん。「僕は天才じゃないんだよ」って

言ったことがあります。人前では努力してる姿を決し

見せないけれど、人一倍努力し、努力を惜しまない

人、それが大野くんですよね。

積み重ねてきたからこそ、今の成功と新たな仕事に繋

がってたりしますもんね。
近道はしないで、徐々に、徐々に!その通りですね。

「人と比べてはダメ、昨日の自分と、比べなさい」

「昨日より、なんでもいいから一歩、

成長する自分になってなさい」という言葉、言葉だけで

聞けば簡単なようですがなかなかの難題です。大野くんは

それを極め、根底にあるから寛大でいられるんですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ