恋しくて!~ARASHIDISCOVERY~2016年11月9日 完璧にしない方がおもしろいものが生まれる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年11月9日のARASHIDISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

今日の一言カモン!
 

「もし私が10分間スピーチをしなければ

ならない時、準備に1週間必要になるこれが

15分間だと3日間、30分だと1日1時間

だといつでもスピーチできる」

 

これはですね第28代アメリカ合衆国大統領

トーマス・ウッドロー・ウィルソンさんの言葉です。

少ない情報量 短い時間で端的に物事を伝えるには

いろいろなものをそぎおとしていかなければなりません

勉強や仕事でもダラダラしようと思えば

いつでもできまん。

短い時間に効率よく作業をするためには

それなりに準備が必要なのかもしれません。

ということですね。

 

たしかにそうだなぁ。

でもねぇ

準備といえばねあんまり

難しいんだよねこれね。

あんまり時間なさすぎても焦って

イライラしてしまったりするし。

時間が有り余ってしまってもまだ時間ある 

まだ時間あるってダラダラしてしまうし。

うん。

非常にこのバランスって難しいなって思います。

 

昔だけどね、

まぁライブのリハーサル期間があって

型、踊りとかもきっちり固めて

それでも結構 リハーサルやった時があって。

その時あんまりやりすぎて

わかんなくなったことがある。

完璧になりすぎちゃったのかわかんないけど

リハーサルのね、し過ぎも良くないのかなぁ?

とか考えた時期もありましたけど。

うん。

まぁでもね、もちろんやったほうがいいんだけど。

歌とか踊りとかそうだけど、全部完璧に行かないほうが

面白いものってのもあるんだなって。

ありますね。

 

だから 今年僕ドラマやらしていただいて

「世界一難しい恋」っていうドラマとかもね

結構社長室のシーンとかもあった

んですけど、まぁ一応セリフもね家では

もちろん覚えていくんだけど現場で

変わったり動き付けたりで。

細かいとこ変わって。

で、いつもね僕がね、頭で整理して。

まだしてるんだけど監督が

「ああ、本番いこう!もういこう」

って言うの。

でも俺まだ整理ついてないのよ!全然。

「まって監督もうやるの?つっとまってあー”」

「もう回すよ~」とか言って

「うわ~もういいや」

って出たら意外と面白いものが生まれたりするの。

めっちゃテンパってんだけど

ふはは(笑)

冷静な顔してたりしてる、とかね。

 

一回時間あって完璧な状態でやった時あんの。

そしたら意外と面白くないもの撮れたり

「あれ、俺が思ってるより全然面白くないな」

とかね。

 

だからね、そう。

意外とテンパっても本番回しちゃったほうが

いいものってのもあるんだなぁって

発見しましたね、今年。

ライブとかもね、お客さん目の前にしたら

また違う雰囲気が生まれたりするって

いうね化学反応じゃないけど

起こるんだなと思いましたね。

 

今回もね、もうライブが明後日だけどね

すごい化学反応が起こるライブであってほしいですね。

 

明後日からライブがんばりま~す!

 

以上、大野智でした!

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ