恋しくて!~ARASHIDISCOVERY~2016年11月21日 全ては当たり前じゃない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年11月21日のARASHIDISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

今日の一言カモン!
「ありがとうの反対はあたりまえ」

 

なるほどねぇ。

この言葉はですね、リスナーのれいちゃんから

教えていただきました。

 

メールを読みますと

「これは私の高校の先生が教えてくださった言葉です。

私は吹奏楽部に所属しているのですが楽器を演奏でき

ているのも、本番に出させていただけるのも全部当た

り前ではなくて、沢山の人の協力や支えがあるからこ

そできているんだと、この言葉を聞いて実感しました。

普段の何気ないことでも当たり前と思うのではなく

感謝の気持ちを忘れずに過ごして行きたいです」

 

人間てなんか、慣れてくるとさ

最初はさ、こんなこともありがとうございます

感謝してますっていうことも毎日起こったりさ

すると、当たり前になってしまうんだよね。

見えなくなってしまうんですよ。

 

わかるわぁー。

よく思うよ。

たまにさ、プロモーションビデオでも

CM撮影でも例えば、僕が1日で終る撮影が

終わるもの。

例えばプロモーションビデオ撮影なんて

たいてい1日で僕らは終わるんだけど。

もちろんさ、スタッフの皆さんセットを

組んでくださってるわけでしょ。

 

それにはさ1日では終わらない作業を

しているんですよね、裏で。

だからたま~にプロモーションビデオの現場に

行って結構豪華なセットが立ってたりする時に

何日前からやってたんだろう、とかよく考えるのよ。

うん。

 

なんか、気づいたらできてる感じしたけども

いや、すごいなぁと思いますよ、そういうのって。

 

まあ、今ねライブ始まってますけど

ライブのセットとかもやっぱり、手作りのもの

だってあったり衣装もそうですけど。

そうだね、衣装は特に思うかもね。

ラインストーンとかもさ

1個1個はっつけてやってるわけじゃない

なんかパーッとみたらさ、ああ、きれいだな

で、終わるじゃない。わぁきれいだなで。

 

でも、よく見るとさ寝ずに1個1個

つけてんだとか思うとね。

ちゃんと着ようと思うね。

 

なんだろ?

すごいね、そういうのを感じるね。

やっぱそうやって思っていったほうが

いいんだろうね。

当たり前じゃない。

ただ、きれいだな~

いい衣装だじゃあなくて、裏ではもっと

たくさんの人が動いてるってことを考える

だけでもね挑み方が違うと思います。

 

まあ、今ねドームツアー中ではございます

けどね、毎年やらしていただいてますけど

これが当たり前かつったら当たり前じゃない

ですからね。

みなさんが来ていただかないと

僕らできないという。

 

まあ、だから全ては自分一人の力でやってる

わけではないということですよね。

 

今日は東京トーム3日目すよね。

なので、衣装とかもね早替えだけども

丁寧に着替えます。

 

以上、大野智でした!

 

松潤を見下ろす智(〃∇〃)なんか新鮮で違和感(笑)

 

ほんとにそうですよね。

何気なく過ごしてるけれど、今の状況ってあたりまえじゃない。

まわりの人に支えられて生きているって心のどこかに置いておかないとですよね。

それと衣装の細かいストーンが気になるのは職人気質だからかなと思ったりして。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ