恋しくて!~ARASHI DISCOVERY~2016年11月23日 楽観主義者のち悲観主義者?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年11月23日のARASHIDISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

今日の一言カモン!

「楽観主義者は、ドーナツを見、
悲観主義者は、ドーナツの穴を見る」

ほぉー、なんだこれ。

これはドリアングレイの肖像、サロメ、

幸福な王子などの作品を書いた19世紀の作家
オスカー・ワイルドさんの言葉です。

 

えぇ、ドーナツがあった時、

えー楽観主義者は食べられる物があることを喜び、

えー悲観主者は、あ、この食べ物真ん中の部分が

削られて少ない、と感じる。

ということらしいですねぇ。

えぇ。

どっちですかあなたは。
僕はね、楽観主義かな。
うん。

まぁ、あ、食べられるからラッキーとかじゃない?

でもドーナ、なんでドーナツって真ん中に穴を
開けたんだろうね。

そもそも。
ファッションじゃねぇ

オシャレけ、オシャレ系?
まずそもそも、ドーナツってなに?
まっ、えへへ(笑)
真ん中が開いてんのがドーナツなの?
ドーナツってぇなに?
んふんふ(笑)

 

ほらほらぁ、なんか、ね?
みんな思ったでしょ。
あ、確かに思ったことないわーって。
ドーナツってどっからきたんだろうね

そう考えたら。
そう、誰が食べてぇードーナツっていうものが
この、パンで真ん中に穴が開いてることが、
ドーナツと呼ばれるなら、それはいつから
食べられていたのか。
うん。

だからそんなこときいたらキリがないからね。
なんでもそうだよね。

いや、でも気になるね。
今ふと思っちゃったよ、わたくし。
えぇ。

・・・んあぁー
基本はそっか。
そっかその、小麦粉?とかでこねて、
で、まぁようはパンじょ、パンの状態

生地を作ってぇ。

そんでそっから、油で揚げたりすることが

ドーナツなんだ。

じゃぁ別に、穴がーこう真ん中に

開いてるからドーナツ、
それがドーナツっていうことでもない

だけじゃないわけだね?

 

あっ!
そうだな、きいたことある。
ん中開いてんの、そうだな。

なんか意味があってね?
熱の通りがよくなるとか聞いたことありますよ。
じゃぁさ・・・
カレーパンは?
ド、ドーナツカレーパンとか。
ドーナツ、カレー味かな。
また別のー、パンになんのかな

た、べ、揚げパン。
あ、難しいぬ。
えーじゃぁ揚げパンもドーナツでしょ。
えーじゃぁドーナツって

じゃぁーもう、あげ油げ揚げたものが
基本ドーナツならぁ

・・・まって、俺、今こんなこと言って思った。
俺、悲観主義者だ。

いちいち、ゆっこういう事いう人って

そうでしょ?

真ん中、なんかこれでゆったらこの食べ物、

真ん中の部分が削られて少ない、とか
ちょっと文句言うじゃん。
俺悲観主義者じゃん。
・・・実は俺、楽観主義者です、とか
ゆっといて、悲観主義者だよ。
文句ばっかいってるわ。
最悪だね?

わたくし。最悪ではない?

よーし。
今日はドーナツ食べまーしょう。

 

以上、大野智でした!

 

 

 

楽観主義かなって言ってて段々、穴が開いてるのが

ドーナツ?などと疑問を持っていくうちにあれ?

悲観主義だと気づくっていう(笑)

でも不思議に思うことってたくさんありますからね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ