恋しくて!~ARASHIDISCOVERY~2016年11月30日 ターミネーターのものまね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年11月30日のARASHIDISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

今日の一言カモン!
「ちるどれん、はぶねばびーんべりぐっと

あっとりすにんぐ、とぅぜあー、えるだーす。

ばーっと!ぜいはぶねばふぃるどとぅ、

いみてーとぜむぅ!」

”Children have never been very good

at listening to their elders,
but they have never failed to

imitate them.”

ふあははは(笑)
英語です、これは。

これは、アメリカの作家ジェームズ・ボールドウィン

さんの言葉です。

日本語に訳すと、子供たちは年長者の言うことを
聞くのはあまり得意ではないが年長者の真似をする

のは得意である、となります。

おぉーなるほど。
いやでも子供ってー真似するよね。
うん。

な、僕も真似っこだったよ。
父ちゃんの歩き方とか真似したり。
歩き方の真似すんのよくしてた。
なんか動きのぉ、モノマネばっかしてたかも。
うん。

なんかバトミントン、バトミントン部だったけど
先輩のー、歩き方のまねしてたり、
なんか異様になんかーカッコよかったり、見えたの。
だからなんかそんな歩き方一時期してみたり。
うーん。

俺だって1回、ターミネーター2が、
んホントに流行ったというかぁ。
僕その時小学校5年生だったの。
んまぁ結構賑やかんなったでしょ?あん時。
で、僕も見てぇ。

ほんでターミネーター2のあのー、ターミネーター

てもう無表情で淡々と歩くじゃない。
それがぁ、不気味だったでしょ?
そんときに僕、文房具店に入って。
そのターミネーターの真似して。
ちょっサングラスはかけてないけど(笑)
子供心にさ、ターミネーターの真似してさ、
入ってってさ。
ただ単に入ってった。買うことないの。

「いらっしゃいませー、なんか探してんのー?」
みたい言われて。
その、店の人の顔一瞬見て。
そのまま、ターミネーターみたいに出て行ったの。

ほんでー子供ながらに
「あの人俺のこと怖くなってたんじゃねーか」って
思ってたくらい、バカだったよね。
はははははは!(笑)

だからね、歩き方のまねとかやっぱ多いかなぁ?
歩き方っていうかぁー。
絶対に僕は、僕ガニ股だから、絶対にできない人の
歩き方ってのは分かるんだよ。
あ、あーの歩き方出来ねぇな、でもちょっとくやしい。
なんか足の構造上じゃないけど、できないんだなーとかさ。

でもあの人の歩き方、なんかいいんだよなーとか
思うときあるもんね。
なんかすごい、ウキウキしてる歩き方してるなぁとか。
結構僕歩き方、人の歩き方見てるかも。
結構、特徴的よ?色んな人の見てると。
歩き方って人ぜっ、そうでしょ?

歩き方ってー、あのー人それぞれ多分、
自分にしか持ってないくらいの歩き方、なんだよ。

みんながいっ、歩いてるだけじゃん
って思うだけかもしれないけど
よーく見たら、1人1人全然違うから。
うーん。

だから意外と、特徴的でその人が見えたりもする。
うーん。
今度皆さん、気にして街歩いてて見てください。
結構、面白いっすよ?
ちなみに僕の歩き方。
だるそうにガニ股にね、だらしない時はだらしないです。

以上、大野智でした!

 

 

大野くんのTOKIOの松岡くんの歩き方のモノマネを

番組で披露してくれたことがありますがはそっくり

ですよね。

小学校の頃から人間観察してモノマネをしていたん

ですね。しかも特徴を捉えてそれを表現できるのも

また才能!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ