恋しくて!~ARASHIDISCOVERY~2016年12月1日 雨男と晴れ男

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

今日からuntitled東京公演始まりますね!

参戦される方、寒いので温かい格好でお気をつけていってらっしゃいませ。

嵐さんを堪能して楽しんで来てくだい♬

 

 

2016年12月1日のARASHIDISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

今日の一言カモン!

 

「雪に耐えて梅花麗し」

 

これは幕末から明治維新まで活躍した西郷隆盛さん

が詠んだ漢詩の一説で今年引退した広島カープの

黒田博樹投手が座右の銘にしていた言葉として

知られています。

 

日刊スポーツによりますと

この言葉には梅の花は寒い冬を耐え忍ぶことで

春になれば一番麗しく咲くという意味があるそうです。

 

ほぉー。

いい言葉ですね。

リスナーのあやかさんから教えていただきました。

 

メールを読みますと

「私は今年受験生でこの言葉を聞いて頑張ろうと

思いました。でもやっぱり大野くんの言葉も欲し

いです。あやか頑張れと言ってもらえませんか?」

 

まぁね、今耐え忍べば季節は変わるということです。

 

”あやか ガンバレ!!”

 

まぁ悔いのないように頑張って欲しいですね。

西郷隆盛はね、鈴木亮平くんがね2018年の

NHK大河ドラマ「西郷どん」主役を演じるそうですよ。

すばらしいっすねぇー。

 

や、鈴木亮平くんとはね、この間映画撮影で一緒

だったんでね。

そこで目に見えない絆というかね

殺陣を一緒にやったんでね。

なんか、そういう感じでしたね。

 

あの人ねロケしててね、うわぁーなんか雨降り

そうだねみたいな話にスタッフさん含めてなった

んですよ。

 

スタッフがね「大野くん雨男?」

「いやね、僕ねこの間ドラマの中盤くらいから

晴れ男になったんだよ」

「なにそれ~」

みたいな会話をしてたらね

「絶対誰か雨男か雨女いるよ~」

みたいなこと始まった時にいきなりだよ

鈴木亮平がね。

 

「もし雨降ってても僕が外出ると晴れるんすよね~」

自ら言い出して。

って言ったら雨降ってきて。

で、亮平くんだけの撮影の時ずっと雨だったって。

ふっふ(笑)

って言われたの。

 

スタッフさん

「あの人が撮影来る時ずっと雨なんだけど

でも大野くんくると晴れるんだけど

毎日来てくんない?」

って言われたからね。

 

だからね、あの男嘘ついたんだよ。

自分が雨男なの知ってたんだよ。

だからわざとそうやって言って

僕ではないということをいたかったんだ。

 

ほんで、最後二人で戦うシーンとか

あったんだけど。

そん時はスタジオだったんだけど

外雨だったからね。

 

で、鈴木亮平くんが先にその日撮影上がったの。

それで上がって、僕だけになったら外晴れたからね。

っていう話をずーっとしてた。

打ち上げでも言ったかな、確か。

 

まぁでもね大河ドラマ晴れてほしいですね。

成功を祈りましょう頑張ってください(笑)

 
以上、大野智でした!
雨男から卒業した大野くん。ここぞとばかりに
雨男の鈴木亮平さんをイジる(笑)
何をきっかけで雨男から晴れ男になったのかな?
来年の大河「西郷どん」の主演の鈴木亮平さんとは
殺陣を通して戦友になったと言っていましたよね。
撮影期間も長いので天候に恵まれてスムーズに撮影が
出来ることを大野くんと共に祈ります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ