恋しくて!~ARASHIDISCOVERY~2016年12月7日 “TWO TO TANGO振り付け裏話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年12月7日のARASHIDISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。

今日の一言カモン!

「いっつ ていくす、とぅーとぅー だんごぉ!」

(It’s takes two to tango)

 

んふふふ(笑)

優しーくいきましたよ。

これはですね、直訳するとタンゴを踊るには

2人必要。タンゴは1人では踊れないとなり

ますが、そこから転じて責任はどちらにも

あるという意味を持つ英語のことわざです。

 

えぇー埼玉県在住のミルクティーさんから

教えて頂きました。

メールを読みますと

「智くん、おはようございます。この言葉は

嵐のアルバム「Are you happy?」に収録されて

いる曲”TWO TO TANGO”のタイトルの意味を

調べていたらみつけました。最初、曲名をみた

時はタンゴの歌なのかと思ったのですがこんな

意味があったなんて驚きです。嵐さんの曲名から

覚える英単語も多いので私の英語学習にも役立

ています。ありがとう、嵐さん」

 

この曲ね、ぼくーライブでやってますよ。

この動き僕振り付けたんですよ。

でもねぇ、申し訳ない。

この直訳するとタンゴを踊るには2人必要。

ったらメンバー、一瞬1人で踊ってます。

いやちちがう、振り付けでね。

 

そう確かにあのー、タンゴは2人必要です。

ただ、やっぱり相手役女性ダンサーもいないし

いないから、男同士で踊ったら気持ち悪いっしょ。

どうしようかなと思った時にちょっとタンゴ要素を

一瞬でもいいから入れたかったの。

だ、け1人。1人で踊ってる嵐。

要は女性が目の前にいると見立てての

振り付けもちょっと入ってますね。

ほんとに一瞬だからこれから見に来る方

よーくチェックしてたら

あ!ここか!ってわかります。

 

まぁだからね、この振り付けはなんだろう?

これはね、あのー曲ずーっと聴いて

頭の中でだいたい作ったかな。

で、頭の中でぽっぽっぽって浮かんだものを

スタジオ行って踊って、修正して

ほぼ1日でついた、これ。

まぁその前まで聴いて、家で頭の中で

なぞってるけどもね。

まぁこれはライブではあのーいろんな演出も

含めキレイな仕上がりになってるんでね。

えぇーまだ見に来てない方は是非とも

楽しんでほしいですね。

 

そう、こないだね大阪公演終わりまして

次はえぇー名古屋!

で、名古屋やって東京やって今年は

終わって来年1月に福岡ですね。

正月ボケしないように頑張ります。

んふふふ(笑)

 

いまんとこは怪我もなく順調ですよ。

ぅおーん。

まぁだから年明けまで続くんで。

久々ですよ、年明けまで続くライブ。

うーん。

だからちょっと。まぁそれ終わったらね

僕はちょっとゆっくりしようかなと思って。

え?

だって今年働いたもん。

来年はちょっとゆっくりしようかなと思って。

来年はもちろん働くよ。

だって、来年福岡ドームやって働いて

働いたあと休むんですよ。必要ですよね。

えぇ。皆さんお許しを。

 

以上、大野智でした!

 

 

大野くんの振り付けは曲の流れに添って

振りがついてるから繊細な動きが入っていますよね。

頭のなかで想像しながら作れるってやっぱり凄いです。

5人のフォーメーション、一人ひとりがセンターに

来るように配置したりジュニアの動きも考えたり。

振り付けの裏話や近況を聞けるのもラジオならでは

だったなぁとじみじみしちゃいます(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ