恋しくて!~ARASHI DISCOVERY~2014年12月11日 初めての料理は京都時代でおふくろの味

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

2016年の12月11日は日曜日のため

2014年12月11日のARASHI DISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です
今日の一言カモン!

「料理というのはレシピがあるから

その通りにしたらいいというのでは

なくて心ががあるから料理」

 

これは料理研究家の土井勝さんの言葉です。

横浜市のリスナー、みちみちハーフさん

から教えていただきました。

メールを読みますと
「お料理は心のほかに勘やセンスも大事

ですよね。アーティストの人って美的感覚

にすぐれていてクリエイティブだからか

料理上手の人が多いと思うんです。だから

大野君も料理上手なのかな?きっと勘も

いいんですよね。初めてのものでもそつなく

できちゃう的な大野君がお料理始めたのは

いつ頃ですか?きっかけは一人暮らしとか

釣りですか?母ちゃんから教わったりも

しますか?」

 

あぁーそうだね。
料理をするようになったっていうか
初めてフライパンに向かったとか
そういうのはね、京都時代かなJr.時代。
16,7,8かな。
まぁあのーその前まで実家で

暮らしてて餃子の皮とか手伝ってて

焼く系はあんまりやってなかったな。
ほんでねー

よく作ってくれてたシーチキン炒飯

っていうのがね京都で食いたくなって
母ちゃんにレシピ聞いて。
で、やったのがフライパンでやったのが初めて。
そしたらうまくできて、そっからはなんか 

ま、炒飯系はずっと作ってたかな。

 

で、ちゃんとやるようになったのは
まぁ最近じゃない?
ちゃんとやるっていうか

あの対馬から魚を送ってもらってからは

結構頻繁に。
魚って新鮮のうちじゃないとヤバイから
ほんでよく捌くようになったし

そっからはまぁー
色んなこと試せるようにったかな。
試したくなって。

あぁそうこの間ね

マルコバンっていう魚知ってる?

って、いや知らない。

それがなんか取れて幻の幻の幻の魚なんだって。
送るからって送ってきてもらって
なんかすごいまるーいカタチしてて
皮が分厚くてアジ系なのかな?
刺身でちょっと食べたらあらま!

めっちゃうまくて!
霜降りみたいな。それをねわさび醤油で

食ったらメッチャ旨かったねぇ。

いや、結構食感が面白かった。
柔らかくもなくコリコリとかじゃなくて
シャキシャキ系だったんだよね。
あれは初めて食べたねー、贅沢ですわ。
検索してみてください。
なかなかん釣れないらしいですよ。
いやそれも頂いてね

今年はホント頂きました
ねぇー。

いやいつもありがとうございますね
またね、新しい魚送ってくると思うので(笑)
ご報告したいと思います。

以上、大野智でした!

 

 

 

京都時代、ホームシックになり舞台袖で

泣いていたという大野くん。

母ちゃんの料理が恋しくなったんですね。

チャーハンは大野くんの得意料理。

チャーハンを作るようになったきっかけは離れた

母ちゃんを想う気持ちからだったんですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ