恋しくて!~ARASHI DISCOVERY~2016年12月26日 釣りに正解はない一期一会!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

おはようございます、嵐の大野智です。
今日の一言カモン!

 

「星を戴いて出で 星を戴いて帰る」

 

ほぉー

初めて聞くなぁ。

 

これは中国の古い書物「呂氏春秋」に登場する言葉で

まだ星が出ている夜明け前に家を出て夜空に星が輝く

ころになって帰ること

すなわち 仕事に励んでいる様子を

表しているそうです。

 

リスナーのさきさんから教えて頂きました

メールを読みますと

「大ちゃんはこの言葉のように毎日お仕事が

忙しいかと思いますが身体には気をつけくださいね

応援しています」

 

ありがと~!

なるほどねぇ、星が出る前に

もう釣りの一日の理想ですね。

夜明け前に家を出て釣りをして

夜空に星が見えたら帰る。

いや、帰らない。

ふふふ(笑)

 

夜釣りを楽しむ。朝方になり帰るか…

とおもいきやまたやる

えへへへ(笑)

 

いや、でもねぇー来年はちょっと

ちゃんとやりたい。

 

なんかねー、釣りってね別に正解はないよ

もちろん技術も運もある。

ただ、ルアーを変えまくると

もう要は、気持ちのバランスよ。

何も信じられてないってこと、自分が。

おぉ。

 

今日はこれで行くんだと、

で、いって少しやってもうダメだっ変える。

と、なるとなんか一日の自分の組み立てたものが

いっきに崩れ(笑)てるわけじゃん。

 

なんだよこいつ、言ったのに

ちげーじゃないかって。

それでも釣れる時もある。

でも、今日はこれだっつって投げ倒して

釣れない。

でも、これだって決めたから

今日はこれでやるんだって

でも、ギリギリまで釣れない。

で、最後になって一番でかいの釣るパターンもある。

うん。

こればっかりはね、何とも言えない。

一期一会の出会いです。

 

え?

たまたま投げたところに魚のいないだけ

ってのもある。

たまたま投げたところに魚がいて

目の前にルアーが落ちて

魚がたまたまポーンって食ったっていう。

 

だからねぇ、俺はねいつか、

いつかっつうかねぇーなんつうんだろう

たぶん一生叶わないことだけど

もし釣りで叶いたいのは風も全くなくて

水が完全なる透明ね。

ほんで、海底が真っ白プールみたいな感じ

そこに魚はいるの。

だからそれが続いてるわけよ。それが海なの。

で、黒い部分は魚よ。

そこにルアーを投げて食うまでを見たい。

一生できないけどそれが僕の夢です。

 

だから皆さん海をきれいに使いましょう。

いつかはそうなるかもしれません。

 

以上、大野智でした!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ