恋しくて!~ARASHI DISCOVERY~2016年12月22日 僕のラップはギリギリが面白い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

2016年12月22日のARASHI DISCOVERYです。

 

おはようございます、嵐の大野智です。
今日の一言カモン!

 

「あわーおらいぶあんのっといんざらっぷおぶざっつ,

ばっといんざらっぷおーぶわーくっくす.」

Our lives are not in the lap of the gods,

but in the lap of our cooks.)

 

これは中国の言語学者で作家の

林語堂(リンユータン)さんの言葉です。

 

ちょっとだから中国要素も入れた

英語で言ってみました。

くふふ(笑)

 

日本語に訳すと

私達の人生は神の手に委ねられているの

はなく料理する人間に委ねられている」

となります。

 

ほぉー

いつも料理を作ってくれる皆様

どうもありがとうございます。

これからも僕の人生は皆さんに委ねたいと思います。

ねっ?

えぇー

委ねられているってすごく言いにくいね。

ふへへへ(笑)

 

僕はね

委ねられている

委ねられている

委ねられている

んねっ。

言いづらい言葉がいっぱいあるよ

 

俺、何だったけなぁーあれが言えない今も。

ろうにゃくなんにょ(老若男女)

あははははは(笑)

あれスラスラ言うじゃんみんな。

あれ言えない

ろうにゃくなんにょ?

はてなになっちゃうもん

ははは(笑)

 

ろうにゃくなんにょ問わずとかいうじゃん。

あれが言いたいけど言えないんだよ

ろうにゃくなんにょとわず

あるよねそういうの。

 

そ!ドラマでやったの。

「鍵のかかった部屋」だよね。

「不適切です」もうイジメだぜ!

「不適切」なら言える。

「不適切です」って。

しかもだよ、「不適切です」だけならいいんだけど

その前、莫大セリフがあって

サラーッと言わなきゃいけない、全部。

なんとかなんとか…それは不適切です。

 

 

でもうさぁー俺言えたんだっけ本番?

言えたからOKなんだよね。

たぶんちょっとねサラーッと言ったと思う。

 

歌はね大丈夫。ただね、ラップは苦手。

今回もねアルバムに入ってるけどー

レコーディングの時なんかね、その場で何回も聞いて

その場で集中して覚えて

ほんで、レコーディングで歌って何ヶ所かミスって。

で、もう1回録って繰り返して

で、自分でしっくり来た時あって

ほんでしっくりきた、歌えた、OK!

って自分で言って。そしたらスタッフさんが

「あぁーまあ良かったね今のもう1回やったみよっか」

って言った時もうやらなかった。

「いや もういい これ以上いいのでないから」

って言ったからかっこよかったねぇ。

かっこいいでしょ?

 

これ以上慣れてしまうとちょっと違う。

俺のラップはマジで慣れてしまうと面白くないの。

っはは(笑)

面白さなんか求めてないんだけど

ははは(笑)

 

俺はアレです。

覚えたてでギリギリ言えてる

ん?ちょっとあやしくね?けど言えてるくらいの

ラップが面白いんです。

えぇ。

だれも面白さは求めてないんだけどね(笑)

僕のラップはギリギリがいいんです。

うん。

ということに気づいたんです。

それをみなさんお楽しみください(笑)

アルバムに入ってます。

 

以上、大野智でした!

 

 

たしかに言いづらい言葉ってたくさんありますね。

ろうなくなんにょ?ってはてなになっちゃう大野くん

可愛すぎです(〃∇〃)

ラップはテンポも早いしアクセントつけるところ

とか難しいそうです。レコーディングの時に翔くん

が大野くんにラップ聞いた?と「もいう早くて~」

と言っていた時の事を思い出しました(〃∇〃)

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ