嵐「5×10」エピソード!大野くんの猪木イズム?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

10周年の国立で行われたコンサートで披露された

「5×10」。そんな「5×10」について語られて

いるメンバーのインタビューを文字おこし。

 

 

Q.この曲は翔くんがRAP詞を書き、ニノが歌部分を

書いたということですが?

ニノ:俺はみんなの言葉をあつめたって感じ。

櫻井:俺とニノのところにみんなからメールを

もらうわけ。それぞれがのせたい言葉をバラバラに

送ってくれるから、一方通行というかみんなで共有

してるわけじゃない。なのに、一緒だったんだよね。

表現や言葉は多少違うけど、言ってることは大体、

だいたいみんな同じことを送ってくれて面白かった。

ニノ:面白かった。またリーダーがね、アントニオ

猪木みたいなんだよねぇ。

松潤:どういうこと(笑)!?

ニノ:なんかね・・・一文なんだよ。

櫻井:長い一文なんだよね!

ニノ:そうなの。のせたい言葉が単語で5つくらい

来るのかなって思ってたの。フレーズの箇条書きっ

ていうかさ。そしたら、なんかスゴイ真面目な一文が

送られてきて。なんか感動しちゃったんだよね、俺。

松潤:それ、転送してよ俺に。

ニノ:わかった。いや、でもね、リーダーも成長した

なぁって。だから俺、聞いたんだもん。「これ、いつ

書いたの?」って。ねぇ、あれいつ書いたの?

大野:(言いにくそうに)あれは…長崎で釣りしてる時の。

櫻井:だから朝来たんだ、メールが!すげぇ時間だなと

思ってさ(笑)

ニノ:そうだよ。朝の6時半くらいにメールがきて、

なんだろうこれ?と思ったよね。

大野:ごめんね。起こしちゃったってこと?ニノからすぐ

返事きたから。

ニノ:起きた、起きた。そう、電報みたいなメールがきて

ビックリしてわけよ(笑)

櫻井:相葉君はフレーズを何個か送ってきてくれてさ、その

一番最後に「できたら”グルーヴィも入れてね!」って書いてて。

相葉:グルーヴィしたかったんだね(笑)

櫻井:10周年を語る、感動的な歌詞にちょっと”グルーヴィ”は

入れられなくてさ(笑)だから”グルーヴィ”以外は了解しました」

って返したら、くじけずももう1回メール来たんだよなぁ。

「できたら、よろしくね」みたいな。こいつくじけないなぁって。

(全員:爆笑)

ニノ:いろんな言葉あるけど、でもやっぱり最終的にはみんな

”ありがとう”で絞めてたよね。

櫻井:そうだね。”一歩一歩進んできた僕達について来てくれて

ありがとう”みたいなことを、言葉の表現はそれぞれ違うけど。

そうやってみんなの言葉を俺とニノがまとめて、それがRAPと

歌になった感じ。

ニノ:みんなの言ってることが全く同じ方向だったから、

ちゃんとその方向性で押していけたっていうのはある。

松潤:俺はサビが好きなんだね。ニノが淡々と同じ

フレーズを言い続けてサビと、翔くんの感動の言葉

(RAP)、その二つが凄くいい。

ニノ:ディレクターが大絶賛だったんですよ、翔ちゃんの

RAP。で、俺が凄くいっぱいサビを考えてたのに、「あの~

サビ歌わないでもらってもいいですか」って…。

(全員:爆笑)

えぇ~っ!?って。

相葉:そんなことあったんだ。

大野:へぇ…んふふ(笑)

Q.みなさん、歌ったときはどうでした?

相葉:深いよね、深い。なんかもう…ほんとにその1曲で

スゴイところまで思い出すよね。だから、すごく気持ちが

乗るというか。

松潤:気持ちが入るよね。その…自分達の形であり自分達が

過ごしてきた時間だったりするから。

大野:曲もすごくマッチしてて。歌詞と曲がなんかジンと

くるの、曲聴いてるだけで。

ニノ:良かったよ、リーダーにそう言ってもらって。

残念ながら僕(の歌詞)はリーダーのエッセンス、

1ミリも入れてないけど。

櫻井:大丈夫。俺の(RAP)方に入ってる。

ニノ:かぶったんっすよね、そこ。だから僕、そこを

全部変えたらリーダーのエッセンスが全くなくなっちゃって。

(全員:爆笑)

櫻井:俺の方で生きてるから大丈夫だよ。智くんの”猪木イズム”は。

大野:んふふ…良かった(笑)

 

 

大野くんの猪木イズム、ニノと翔くんに送って真面目な長文が気になる~(>_<)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ